Entries

激安航空会社、安さの秘密に迫る!その2

夏休みまであと1ヶ月ですね。
夏の旅行の準備は進んでいますか?
私もそのそろ本腰入れてホテルの予約をとらないと、野宿?(^^;)
さて、昨日のつづきです。
エアアジアという激安航空会社に乗りました。
日本には飛んでいない会社なので、バンコク-シンガポール間を利用。
意外にも、海外旅行のはじめの一歩、セントレアで早速不都合が(汗)
JALで名古屋(セントレア)-バンコク、
エアアジアでバンコク-シンガポール
乗り継ぐ予定だった私たち。
通常、異なる航空会社の飛行機を乗り継ぐ場合でも、トランク(預かり手荷物)を最終目的地(シンガポール)で受け取ることができます。乗り継ぎ空港(バンコク)で荷物を受け取ったり再び預けたりする手間が要らず、飛行機の時間までゆっくり過ごすつもりでした。
しかし、セントレアのJALのチェックインカウンターでそれができないことが分かりました(泣)

その時受けた説明を私なりに図にしてみました。
国際空港の建物は法律上、大きく2つに分けられます。
空港イメージ図

JALやA、Bの航空会社は『国外』『国内』の両方にカウンターがありますが、エアアジア『国外』にカウンターがない
乗り継ぎや荷物のリレーは『国外』だけで行われるので、JALやA、Bなどのように『国外』にカウンターのある航空会社同士でしかできない。
つまり、荷物だけでなく、エアアジアに私ら人間が乗る手続きも『国内』のカウンターに行かなければならない。。。

つまり、バンコク(タイ)を通過するだけのつもりが、タイに入国し、出国しなくてはならなくなった。
面倒くさいと言うことだけでなく、ほんの数時間のためにタイの出国税500バーツ(当時約1,500円)×4人分6,000円を払うはめに(大泣)
勉強になりました~♪(T▽T)

これはエアアジアの安さの理由の1つと言っても良いでしょう。
『国外』カウンターがないだけでなく、『国内』カウンターも共用で少ししかなくて、係員も常駐していない(便のある時だけしかいない)。
人件費やテナント料を低く抑えているのです。
お上にたっぷり献上しないと、『国外』カウンターなんてとても持てやしないんだろうな、と思ったり、
元国営会社と新参会社とのぶ厚い壁が見えたりした事件でした。
乗り継ぎの場合はくれぐれもご注意ください。

さて、3,147円のチケット(前記事参照)は+500バーツ(出国税)のせいで、実質4,647円となりましたが、それでも激安だと思います。
いよいよ機内へ
エアアジア 機内

(つづく)
応援のクリック、ありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koduretabi.blog82.fc2.com/tb.php/62-1dff42fb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

旅行貯金に!

Extra

旅人

パパ、息子、娘、 &ママ (ちもね・・・管理人) 愛知県在住

ちもね

Author:ちもね

ブログ内検索

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる